デリケートゾーンのくすみ・黒ずみ

デリケートゾーンの気になるくすみ黒ずみ
特にVラインが気になる、年々ひどくなっているような気がする・・・。
と女性が大きな声ではいえない内緒の悩み。

デリケートゾーン くすみ 黒ずみ

デリケートゾーンは、皮膚が薄いために黒ずみが起きやすい場所です。

そもそも、黒ずみとは?

黒ずみの大きな要因は、メラニン色素が蓄積してしまうことです。

そして、くすみとはお肌が本来持っている透明感やうるおい、キメ(肌理)細かさ、明るさが失われ、顔全体がだんだんと暗く見えるようになるお肌の状態をいいます。

デリケートゾーンのくすみ・黒ずみの原因

デリケートゾーンの黒ずみ、くすみの原因はいくつかあります。

摩擦や刺激

常に下着を身に着けているデリケートゾーンは、皮膚と下着の間で摩擦が常に起きたり締め付けたりでお肌を刺激している状態、そしてトイレに行くたびに使用するトイレットペーパー、ナプキン、おりものシートやゴシゴシ洗う際などデリケートゾーンは日常生活で多くの刺激を受けています。
また、カミソリや毛抜きを使ったムダ毛の自己処理はお肌を刺激し負担をかけています。
皮膚の薄いデリケートゾーンは大変刺激に弱く、お肌は刺激を受けると黒ずみの原因である肌は刺激を受けると、自ら守ろうと働き、メラニン色素を生成します。

ターンオーバーの乱れ

皮膚の生まれ変わりをターンオーバー(新陳代謝)といいます。正常なターンオーバーは一般的には28日周期といわれていますが、お肌の乾燥や加齢、ホルモンバランス、生活習慣によってターンオーバーの乱れが生じます。ターンオーバーによってお肌が生まれ変わり美肌を保ったり、黒ずみ原因であるメラニンも同時に排出しますが、上手くターンオーバーが行われないことでメラニンや古い角質が蓄積し黒ずみやくすみがドンドン悪化してしまいます。

 

デリケートゾーンのくすみ・黒ずみ対策

デリケートゾーンのくすみや黒ずみを解消!悪化させないためのポイントとは?

対策1:優しく!しっかりと洗う

デリケートゾーンがしっかり洗えていないことで、余分の皮脂や汚れが蓄積してくすみ、黒ずみとなることも。かといって、ゴシゴシ洗いは絶対にダメ!
刺激が少なく、摩擦を起こさないように、しっかりとした泡で洗うのがおすすめ。
デリケートゾーンに安心して使えるデリケートゾーン専用ソープがおすすめです。

 

デリケートゾーン くすみ 黒ずみ

対策2:自己処理は丁寧に♪

ムダ毛の自己処理は脱毛サロンなどの専門家がおススメ。ですが実際は費用が掛かってしまう、時間がないなどの理由で思うように通えないという人も多いのではないでしょうか。カミソリなどでの自己処理を行う際には摩擦を最低限に抑えるためクリームまたソープなど利用し処理する事がおすすめ。また、処理後のお肌の保湿も忘れずに行いましょう。
ミュゼコスメから発売の「エピケア」シリーズの除毛クリーム『薬用ヘアリムーバルクリーム』の使用がおすすめです。

 

デリケートゾーン くすみ 黒ずみ

対策3:保湿・美白のスキンケア

乾燥などで角質層が乱れバリア機能が低下していては、肌は敏感に刺激に反応してしまい黒ずむ色素沈着を起こしやすい状態。しっかり保湿・保水しお肌に潤いを与えることは、ターンオーバーを整えたり、バリア機能をアップにつながります。
また、それと同時に美白効果のあるスキンケアを行うことで、くすみ、黒ずみを解消し、悪化させない、そして予防効果に繋がります。

 

デリケートゾーン くすみ 黒ずみ

 

対策4:生活習慣

下着を選ぶ際にはお肌に優しく刺激を与えない素材や締め付けないものがおすすめです。
またお肌のターンオーバーと生活習慣には深く関わりがあります。
睡眠不足は禁物!女性ホルモンが乱れターンオーバーの乱れに繋がります。また、バランスの良い食事に気を付けることも大切です。

デリケスキン