デリケスキンホワイトエッセンスの有効成分

ミュゼコスメ「デリケスキンホワイトエッセンス」は、デリケートゾーンのくすみ・黒ずみ対策の美白美容液。

医薬部外品の「デリケスキンホワイトエッセンス」には、2つの有効成分が配合されています。

医薬部外品とは、医薬品と化粧品の中間に位置しています。効果のある有効成分をしっかり含み効果・効能が厚生労働省から認められた商品です。

 

 

L-アスコルビン酸 2-グルコシド

L-アスコルビン酸 2-グルコシドは、水溶性ビタミンC誘導体の一種です。水溶性ビタミンC誘導体は、「水の中で壊れやすい」というビタミンCの短所を補うために開発された成分で皮膚に吸収されてからビタミンCを放出し、美白効果を発揮します。
L-アスコルビン酸 2-グルコシドは、皮膚科でもシミ治療に使用されている成分です。
メラニン色素の生成を抑えるとともに、できてしまったメラニン色素を還元し色を薄くする美白効果とお肌のコラーゲン生成を促す効果があります。

 

アルブチン

ハイドロキノン誘導体のアルブチンは、高い美白効果があり厚生労働省認可の医薬部外品美白有効成分です。黒ずみやくすみ、シミの元であるメラニンをつくる「チロシナーゼ」の働きを阻害する作用があり、過剰なメラニンの生成を抑制してくれる美白効果があります。

デリケスキン