デリケートゾーンの臭い

デリケートゾーンに関するお悩みの中でも多くの人が悩む臭い
毎日しっかり洗っているのに、なぜ匂うの?
もしかしたら、洗い方に問題があるのかもしれません。

 

デリケートゾーン 臭い対策

 

デリケートゾーンの臭いの原因

原因1:雑菌の繁殖

デリケートゾーンは、体の中でも皮脂腺が多い場所で汗や垢が溜まりやすい場所です。そしておりもの等の分泌物や生理時には経血が・・・。
デリケートゾーンは、常に下着をまとい、蒸れやすく高温、高湿の状態にあり、雑菌が大好きな環境ともいえます。

 

また、デリケートゾーンに多くある体臭の原因となる汗を出すアポクリン腺という汗腺。雑菌と汗が交じり合うことでイヤな臭いを発生させています。

 

原因2:デリケートゾーンの乾燥

まぶたの皮膚よりも薄いデリケートゾーンは、敏感で保湿力が弱く乾燥しやすい部位。皮膚が乾燥してしまうと肌は潤いをとり戻そうと、イヤな臭いの原因に繋がる皮脂を過剰に分泌されます。
また、顔と同じくデリケートゾーンも乾燥による小じわが発生。小じわの隙間に垢などがたまりやすくなってしまいます。

 

原因3:間違ったケア

臭いが気になるからとゴシゴシ洗うのはNG!
洗いすぎは逆効果なんです。
デリケートゾーンにはお肌を清潔に守る「善玉菌」がありますが、洗浄力の強い石鹸やボディソープでゴシゴシ洗いすぎてしまうと臭いの元となる菌だけなく、「善玉菌」まで洗い流してしまいます。その結果、バリア機能が乱れたり、皮脂の過剰分泌やお肌の乾燥に繋がります。
また、ゴシゴシ洗うことで摩擦が起きてしまうと、皮脂の過剰分泌や乾燥を引き起こしてしまいます。

 

原因4:ホルモンバランスの乱れ

生理前や更年期になると女性ホルモンのバランスが大きく変化します。
女性ホルモンのひとつである卵胞ホルモン(エストロゲン)の量が減ってしまうと皮脂の分泌量が増加。皮脂が大量に分泌されると、皮脂腺が塞がれて酸化し臭いを発生させたり、生理の直前はおりものが酸性になるので、酸っぱい臭いを感じることになります。

 

デリケートゾーンの臭い対策

デリケートゾーンに嫌な臭いを発生させないためには普段から気を付けることと正しいケアがおすすめ。

対処1:デリケートゾーン専用のソープ

一般のボディソープでデリケートゾーンを洗うのはNG!刺激に弱い、敏感なデリケートゾーンの事を考えたデリケートゾーン専用のソープがおすすめです。
洗う際にもゴシゴシ洗わない!たっぷりの泡をクッション代わりに摩擦を起こさないように優しく洗うのもPOINT♪
また、殺菌や抗菌効果のあるデリケートゾーン専用のソープを使用することで臭いを発生の対策につながりますね。

対処2:保湿スキンケア

保湿効果のあるデリケートゾーン専用のソープを使うことも保湿対策になります。
デリケートゾーンも顔のお肌と一緒!洗いっぱなしはNG。
きれいに洗った後は、デリケートゾーン専用美容液などのスキンケアアイテムがおすすめ

対処3:下着を選ぶ

菌の繁殖に繋がる蒸れ防止のために、通気性のよい下着をつけることも大切。シルクや綿の素材のものがおすすめです。

デリケスキン